FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部屋を片付ける生き物たち

人としてもっともやっちゃいけないことの一つに

友達の家でセックスするっていうのがあると思うんですよね

友達はみんながみんな、おまえにセックスの場所提供するために

家賃払ったり寝具そろえたりインテリアにこったり

してるわけじゃないんだぜ、おまえはそれ わかってんのか

わかってねぇってねだってそやってまたヤってくのかー


ハラキリさんちで、痴女が童貞を食ったんだ

痴女にとって、童貞というのはブランドみたいなもので

童貞を食った数だけ、痴女は胸にバッジが増えるんだ

だから、痴女は童貞と見れば食うし、食った数を誇る

童貞を食えば食うほど強くなる、痴女はそう信じているらしい


まぁでも、別にね、痴女が童貞を食ってもかまわないわけですよ

それが俺んちで行われた、という事実についても(被告は訴えを否定しているものの、状況証拠すべてがそれを示唆している)

まぁ、ハラキリさんは大きな器で見逃してやろう、としていたわけですよ

いいってこーとよ、おおめにみぃーるよ

ってなもんでね、大人なんでね


したらですよ、その痴女がですよ、俺と会うたびに

「それにしてもハラキリの家は汚かったな~、よくあんなところに住んでいたもんだ」

とかいい放つわけですよ、それはもう関西のお寒い芸人が使う毎度おなじみのギャグのようにね

毎回、毎回、言いやがるわけですが


おまえはそこでセックスしといて

よくそんなことがいえたもんだなぁ!!



てなもんじゃないですか!

その汚い雰囲気でところかまわずセックスしている自らのケダモノさ具合を棚にあげてですよ

セックスをさせていただいた紳士のやさしさをですよ

関西のお寒い芸人のお決まりギャグとして使っているわけですからね!


しかも言うにことかいて、痴女はなんて言ったと思います?


「ハラキリの家には、恥ずかしい毛が落ちていた」


いやいや、それは


きさまらが裸になって

そこらじゅうにまきちらかしたんじゃろーがぁ!!



もうね、ありえないでしょ?

そこでね、ハラキリさんは考えたわけですよ

何がそこまで、彼女を損なってしまったのか・・・

セックスをさせていただいたうえに、その部屋を汚かった、と周知してまわるためには

そこに留保なき心の傷があるはず・・・

なにかが彼女を損ない、その結果、彼女は痴女となった・・・


そのとき、ハラキリさんはハッと気づいたわけです

痴女が子供のころ、カレーを作ってもらった日の話を・・・

普通の家であれば、カレーを作られた日の一日目は普通のカレー、

そして二日目にカツカレー、最後にカレーうどん、という流れをくむところを

痴女は初日にカツカレー、二日目に普通のカレーを食わされていたわけです

俺は尋ねた

「えっ?でも初日から最高のカードを切って、二日目にただのカレーだったら

がっかり感がはんぱなくない?

カツカレーマジックを使ってこそ、カレーの使い回しは成立するものじゃないの?」

と・・・すると、痴女は答えた

「なにを言っているの!二日目のカレーはただのカレーなんかじゃない!

二日目のカレーはね

さらにおいしくなったカレーなのよっ!!」


彼女の両親が彼女に言い聞かせてきた言葉が、ありありと俺の前によみがえった

彼女にとって、カツカレーのカツは、半人前のカレーを補完するためのものであって

それによってテンションがあがる、といったものではなかった・・・

しかし、本来、カツカレーとは最高にテンションがあがるものであり

もし、二日目のカレーこそが本当においしいカレーであるとするなら

そこにこそ、カツはのせられるべきものなのだ

決して、半人前のカレーを補うために、カツカレーは使われるものではない

一日目にカツカレー、そして二日目にプラシーボカレーを食わされ続けたことによって

彼女の心は損なわれ、そして

彼女は痴女になった

セックスは、痴女にとって、カツにすぎないものなのかもしれない・・

多くの人がカツカレーでテンションMAXとなり、そのためにセックスをしているところを

彼女はまだ見ぬ「さらにおいしくなったカレー」を追い求めるために

セックスをしているのかもしれない・・・カツカレーの向こう側を求めて

カツカレーを食べ続けるインド人を僕は思い浮かべた・・・


痴女が童貞を食べたあと、俺の部屋は死ぬほどきれいに片付いていた

多くの人がそうであるように、彼女たちもまた

友達の家でセックスをしたあとは、そこを片付けて帰る生き物だったのだ

それは善意というよりは、犯行の跡を消そうとする犯罪者の心理

しかし、CSIを見まくっている俺は

ブラックライトで照らすことによって、そこに犯行の跡を見ることができることを知っていた


きみの家にやつらが来て、部屋を片付けてかえった日には

注意をしたほうがいい

人間とは、人んちでセックスした後、部屋を片付ける生き物なのだから・・・

theme : 日記
genre : 日記

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。