FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンタは俺が殺した

俺が殺したのさ、俺が殺したのさ

サンタクロースは俺が殺したのさ



アテナはその名のとおり、女神のような女の子だ

清らかで 純真で 20歳になったいまでも

サンタクロースはいるって信じている

こんなかわいいのに心もきれいな女の子が

俺の彼女だなんて。。。

俺の友達は皆おどろくし、俺は自分でもときどき

これは夢なんじゃないか、って思うくらいだ



「サンタクロースなんかいないんだぜぇ!

うそだと思うなら今夜、寝たふりして

ふとんのなかで目をあけておいてみろよぉ!」

こういって、サンタを信じていたあのころの僕をバカにしたのは

小学生にして時代の空気をまともにあびて

ひねくれまくっていた岡部だった

そのまますくすく成長し、岡部はいま

2ちゃんねらー兼自宅警備員として

web2.0をがんばっている



今日はアテナのために イスとB’zのCDを買った

アテナはお金持ちの家の子だし

なにがほしいのか思いつかなかったっていうのが本音だが

まぁまぁ、オシャレなアイディアかな、って自分では思っているんだけど。。。

まぁ、でも、俺にはわかっているんだ。。。

なにをあげても、アテナはよろこんでくれるって。。。



あの日、僕は岡部に言われたとおりに

ふとんに入って目をつぶっていた

すると、枕元に近寄ってくる足音。。。

サ、サンタさんだ!

僕の胸は高鳴った

サ、サンタさんを僕のこの目で見れるなんて。。。

ちょうどサンタさんが僕の枕元にやってきた、そのとき

僕はふとんをはねあげて、サンタさんの腕をつかんだ!



俺には、どうしても信じられないんだ。。。

女の子が、、、いや、というよりもアテナが

こんな女神のような女の子が

うんこをするなんて。。。

うそだ、うそだと思いたい。。。

でも、そんな俺に岡部は言うんだ

「女っていうのはよぉ、おまえが寝ているそのすきに

こっそりとトイレにいってブリブリやるんだぜ!

うそだと思うならよぉ、寝たふりをして

女がトイレにはいって、時間がたってもでてこないときに

お手持ちの10円玉を使ってよぉ

トイレのカギを突然がちゃって開けて

見てやればいいんだよぉ!

女っていうのが、どんなに汚い生き物かっていうのをよぉ、ひゃっはー」



俺は、どうしても、どうしても信じられないんだ。。。

アテナが、あんなかわいくて清純な女の子が

うんこをするなんて。。。


そして、今、なかなかトイレからでてこない

アテナがはいったトイレの前で

十円玉をにぎりしめている俺がいる。。。


トイレの外カギに十円玉をあてたとき

なぜか、あの日、サンタクロースの帽子をかぶって

切ない表情で僕にほほえんだ

お父さんの顔が脳裏に浮かんだ




theme : 日記
genre : 日記

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。