FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡山の桃太郎アイランド

どうして?どうして私じゃダメなんですか、ゲンザイさん


きみはまだ若すぎる・・


年齢なんて恋愛には関係ないわ!


おおありなんだよべらぼうめっ!この団地妻キラーゲンザイ様はなっ

三十代のお肌の感触が大好きなんだ!

あの上皮細胞のあの感じっ!

くぅぅっ、想像しただけで

おっ、おっ、おったったぜぇぇえええ!!ぎゃあああああ

シャワーの水はじかなくなってからまた来るがいい



あれから私は夜の街をさまよい歩いた

岡山の夜 人々が集う場所はそう多くはない

いつものなじみのバーで

声をかけられた

彼は旅人で

岡山には「桃太郎アイランド」という名所があると信じて

はるばる北海道から旅してきたのだという

「それは桃鉄のなかだけよ」と私は優しく教えてあげた

桃太郎アイランドが実在しない、と知ったときの彼の失望はすごくって

私は見ていられなくなって

その夜 私はその男と寝た


この狭い町で噂がたつのもいやだったから

私は旅人だけと寝た

岡山に来る旅人は

一人残らず桃太郎アイランドを夢見ていて

いちいち私は 彼らの夢を叩き潰さなくてはならなかった

甲本ヒロトは桃太郎アイランドで

あのすばらしい感性を磨いたというようなデマまで

まことしやかに流れているようで

多くの夢を持つ人々が

桃太郎アイランドを夢見て、岡山にやってきて

私のふとんのなかに失望を落とし込んで帰って行った


「そっ、そんな馬鹿なっ!?

桃太郎アイランドがないだって!

・・・うそだね

僕は信じないぞ

岡山にはあるんだ

桃太郎アイランドが・・・

正義が正義であることを許される世界が

確かに岡山にはあるんだ


いいかい?きみに話してもわからないと思うけどね

あの日 僕は確かに正義だったんだ

なのに 僕の正義はしりぞけられ

僕は会社を去らなくてはならなくなった

妻は実家に帰ったよ


いいかい?桃太郎アイランドはあるんだ

なくてはならないものなんだよ

この世界のバランスをとるために

桃太郎アイランドは存在するべきなんだ

価値観相対化し

見方をかえれば全てが正しい

加害者の人権は地球よりも重いこの世界に

正義がただただ単純に

鬼退治に行き 誉め称えられる世界が

あるべきなんだ

鬼の首をとり「正義は勝つ!」

と叫ぶ僕の姿が


きみには見えないのか?」


私に抱かれながら その男は

きみだったんだね

きみが桃太郎アイランドだったんだ


とつぶやいた

その後、男は泣きながら眠った

theme : つぶやき
genre : 日記

comment

Secret

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。