FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

団地妻

「三十代の肌にしてほしい、だって?」


「ハイ、もうシャワーの水をはじきたくないんです

先生のお力で、どうか、どうか

私を三十代にしてくれませんか?」


「いや、もちろん私の力をもってすれば

皮膚を老化させることくらいたやすいことだが

しかし、どうしてまた老化させたいなどと

時代の流れに逆行するようなことをのぞむのです?

世界中がアンチエイジングにやっきになっているこの時代に

あなたはそんなに美しい肌を持っているというのに・・・」


「好きな人がいるんです

その人は三十代の肌の触り心地が最高だって・・

シャワーの水をはじかなくなったらまた来いって・・


あれから、寂しさを埋めようと思って

いろんな人に抱かれてみたけど・・・

でも、むしろ寂しさは増していくばかりで・・

先生、私にはやっぱりあの人しかいないんです!

私はあの人に好かれるために三十代に

いや、むしろ団地妻になりたいんです!」


「ほう、団地妻と言ったな・・

団地妻になるということがどういうことなのか

きさまにはわかっているのか?」


「だから、マイケルジャクソンのように

三十代の肌を移植して

適当に誰かと結婚すれば」


「それで団地妻がハイ一丁あがり♪だと?

きさまには団地妻のなにもわかってはいない

確かにそれで外見的には団地妻になれるかもしれない

しかし、そんな付け焼き刃

団地妻マニアの前にでれば

一瞬で見抜かれてしまうだろう

実際、実になげかわしいことではあるが

今ゲンザイ、団地妻を名乗っている女達のなかで

真に団地妻と呼べるのは

1%にも満たない

あとはすべて「団地妻もどき」なのだよ

擬態だ

きびしい自然界で生き抜くために

蝶が枯れ葉に化けるみたいなものだ


きさまも、そんなものになりたいのか?」


「団地妻って・・じゃあ真の団地妻って

いったいなんなんですか

教えてください、先生っ!

私、団地妻になりたいんです!

そのためだったらなんでもします!

先生、私を一人前の団地妻にしてくれませんか、お願いしますっ!」


「うむ、まず真の団地妻とはなにか

ということから話をしよう

ここに一人のパチスロ野郎がいる

彼に「ナカス」という言葉をきかせたところ

その言葉だけで口からヨダレがたれてきたそうだ

つまり、彼にとってナカスとは

それくらいすばらしい場所だということだ(ナカス:福岡の風俗地帯。還暦をむかえるじいさんがバイアグラを飲み、走ってナカスの風俗店にやってきて腹上死したことで有名。そのときにじいさんがつぶやいた「早く行かないと・・・早くイかないと・・・早く逝かないと」はその年の流行語大賞にノミネートされた)

団地妻という言葉もまた

多くの男にとって

ナカスと同じくらい魅力あふれる言葉なのだ

だからこそ、団地妻だときいて行ってみたら

なんちゃって団地妻だったときのがっかり感には

相当なものがある

真の団地妻とは

ジョブチェンジしさえすればなれるといったようなものでは

断じてないっ!

例えば、私は外見的には全く団地妻ではないが

心のなかは

誰よりも団地妻であるっ!!」


このあと、女が「団地妻になれる壺」を買うまでに

一時間かからなかった


壺を買った女に、男は言った


「もしかしたら、あなたが団地妻になれないのは

先祖が水子の供養をおろそかにしてたせいかもしれませんね

もしそうだとしたら

壺だけでは足りないかもな」



theme : いいもの見つけた
genre : 日記

comment

Secret

No title

真の団地妻は本当に少ない・・・

団地妻のDVDを見ても
いまいち
ぴんとこない・・・


壷は買って上げられないけど
ローター、
バイブくらいは買ってあげるんで
真の団地妻に出会いたいですね。


ただ
水子霊くらいいたって
俺は問題がない。

水子に見てもらいながら
犯しつくしてやるんだ。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。