FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友達が痴漢でつかまったら人は

毎年エイプリルフールを心待ちにしているハラキリさんは

三月のはじめくらいからそわそわしだして

今年はどんなウソをついてやろうかな、と計画を練るわけですが


2010年度は、友達みんなに

ただおさんが痴漢でつかまったって!!

という共通の知人に関するウソを広めてやろう、と決心したわけです

誰もが同じウソに踊らされ、やがてウソが嘘でなくなる、という一大スペクタクルですね



「ただおさんが痴漢で捕まったって!!」

とまずは一番ひっかかりそうな天然系女子にメールするハラキリさん

「えっ!?ホントにっ?何線でっ!?」

ぷぷっ、完全に信じてますやん、くくっ、なんだろう、この胸にこみあげるうれしさは。

エイプリルフールがある国に生まれてよかった

「千代田線らしいよ・・・でも朝の千代田線はすごく混んでいるし

最近は痴漢にあった、って言ってお金をとろうとする人もいるらしいから

俺もただおさんがなにかやったなんて信じてはいないけどね。

でも、もし皆で何かできることがあったら協力していこう」

くくっ、ウソなのに、なんだろ、このいい男みたいな俺☆いい友達過ぎて泣けてくる


で、調子づいて次はただおさんの幼なじみにも同じウソを

「ただおさんが痴漢でつかまったらしいですよ!!」

「えっ、ウソ!何線で?」

いやいや、何線ででもいいですやん笑。

何線で捕まったかによってどんな違いがあるっちゅーねん!

それよりこれからどうするかを考えていこうよ、まったく


さらにもう一人、共通の知人にも同じウソをつく俺

「ただおさんが痴漢でつかまったんだって!」

「えっ?

何線でっ!?



結論:人は、友達が痴漢でつかまったら

何線でつかまったのかを知りたがる生き物である



theme : 日記
genre : 日記

渡辺さん

私は彼の眼を見た瞬間に確信した

「・・この男、ナベさん、と呼ばれると思っているな!!」

世の中のほとんどのワタナベさんがそうであるように、その男もまた

自分はこの新しい職場で「ナベさん」という愛称で呼ばれることを

信じて疑わない目をしていた。


それは、村上龍と村上龍ファンが嫌悪してやまない

生ぬるい予定調和に慣れ親しんだ日本的な集落の眼


「ワタナベにうまれついた以上、どこにいってもナベさんと呼ばれるに違いない」

という暗黙の了解のもとでずっと過ごしてきた人間の

危機感のない表情。

いうまでもないことだが、そんなものはこの国の外ではまったく通用しない

自分はナベさんと呼んでもらえるだろう、などという甘い考えでいると

海外では銃で撃ち殺されても何も言えないのだ

それが当たり前のことだということに

この国にいるとなかなか気付きづらくなる


私は彼の眼を見、言った

「きさまはこの新しい職場でも、当たり前のようにナベさん、と呼んでもらえると思っているようだが

ここはきさまがいままでに見てきたような甘い世界とはわけが違うぞ!

そのことだけはキモに銘じておけ、わかったか、ワタさん!!」


生まれて初めてワタさんと呼ばれた!!ワタナベにうまれてこのかた

俺のことをワタさんと呼んだのはこの男が初めてだ!!

ワタさん、ワタさん・・・

いままでに誰からも呼ばれることなく切り捨てられてきた俺の名字の前半分が

悦びで震えているのを、今激しく感じる・・・

俺は、いま・・たしかに生きてる。

俺は・・・ワタさんなんだ。


その男がその瞬間、私のことを死ぬほど尊敬したのを

ありありと感じた。

そう・・・彼もまた、日本的な予定調和のなかから

出たがっていた一人だったのだ・・。


その後、ワタさんというあだ名はまったく定着せず

三日後にはだれもが彼のことをナベさんと呼ぶようになったため

ちょっとテレながら私も彼をナベさん、と呼ぶようになるのだが

それはまた、別のお話

theme : 日記
genre : 日記

足を食わせる

アレックと温泉に行って、生まれてはじめて足を魚に食わせました

やっぱ、生物として生まれてきた以上、食われる側の気持ちに最終的にはなれないとな

それが生き物として大人になるってことだろ、と思ってやってみたんですが


魚のいる水のなかに足をいれた瞬間、やつらのテンションがちょーあがって

うひょひょひょひょひょ!つって俺の足にめがけてよってくんのね

「なんか・・俺、モテてるんじゃない?今?」

て思って、ちょっとうれしくなった。

で、魚がそのちっちゃいお口でちょぼちょぼと俺の足に食いつくさまを見て

「あぁ・・・俺は今、誰かに必要とされているんだな・・・生きていて良かったな」

ていう熱いものが胸に込み上げてくるのを感じました。

やっぱり人は、いや、というか俺は、俺を必要としてくれる誰かのためにがんばりたいし

そのために生まれてきたんだ、と信じたい。

俺の足に必死で食いつく彼らを見ていて、いとおしさがこみあげてきた・・

「こいつらをやしなっていくために・・家族を守るために、明日もがんばろう」

俺は俺の足に食いつく魚どもを眺めながら

残業の果てに終電で家に帰って、もう寝てしまっている子供の寝顔を見つめるサラリーマン父さんと

まったく同じ感慨を抱いた。


で、この角質食い魚が、意外にペットショップとかで安く売ってるらしいんですよね

俺は付加価値のついているものに弱くって、ペットとして飼えるうえに

角質も食ってくれる、と思うとちょっとほしくなった。

小学校のころは、ハエを食う植物がほしかった。


で、考えてみたいんですが

この魚が家にあった場合、男の子は最初は足とか手とかいれてるけど

最終的には絶対ちんぽをいれてみると思うんですよね

それはなんていうんだろ、エロというよりは知的好奇心?

波はどうして水なのに空に向かってジャンプするんだろ?って考えるのと同じ次元で

やっぱ、なんだかんだいってちんぽをいれてみると思うんですよ

知的好奇心を抑えきれずにね、そういうのが、ほら

科学を発展させてきた原動力なわけだしさ


で、まぁちんぽに角質があるかどうか知らないですが

まぁ角質だらけだ、という仮定のもとに話を進めると

水のなかにチンポをいれた瞬間

小魚の群れがすげぇテンションあがって俺のチンポに向かってやってくるわけですよ

それを見た俺はなんだか

「あぁ・・・愛されている・・俺は今、すげぇ愛されているぞ」

て思うと思うんですよね、やっぱ、ほら

愛するより愛されたい男、ハラキリだから


で、彼らの愛を一身に受けて、まぁ俺のジョニーも

愛にこたえずにはいられないと思うんですよね

すると、最初は実るほどにこうべを垂れていた稲穂も

重力にさからって、頭をあげだすわけじゃないですか


するとですよ、いままでは水のなかにいて、愛を一身に受けていた俺のジョニーが

愛の影響によって、自ら水からでる方向へ向かって、頭をあげていくわけですよ

それは、愛すれば愛するほど去っていく男たちのように

俺のジョニーは彼女たちの愛を一身に受けた結果、これ以上水のなかにいることができなくなって

切ないお別れをせねばならなくなってしまうわけですよ

「男なんて、向こうから最初は迫ってくるくせに、こっちから追い出したとたん逃げ出すのよね」

という魚たちのつぶやきと、まったく空気を読まずに

「さぁ!もう俺のほうは準備はばっちりだぜ!」

と虚空へ向かってそそりたつジョニー


男と女っていうのは難しいなぁ・・・と足を魚に食われながら

そんな空想にひたるハラキリさんでした

theme : 日記
genre : 日記

金持ちになる心構え

「田島くんは将来なんになりたいの?」

「まぁ、なにとかは決まってないですけど、金持ちになりたいっすね」

「金持ちになってなにがしたいの?」

「いやぁ、別に金持ちになって何がしたいってわけでもないですけど

とりあえず金さえあれば、人生なんとかなるじゃないですか」

「・・・きみは、金持ちになるっていうことの意味がまったくわかってないようだね」

「え?どういうことなんですか?」

「金持ちになるっていうのはね

悪魔に魂を売る!っていうことなんだよ!

その覚悟もなく金持ちになりたいだなんて、かたはらいたいっつーの!」

「いや・・・別に金持ちになるってそういうことじゃないんじゃ・・・」

「じゃあね、俺がきみが本当に金持ちになる覚悟があるかどうか、試してやるよ、えぇ!?

田島くんは、いくらもらったらおっさんのケツの穴、舐める?」

「いや、おっさんのケツは・・なめないっすね」

「いや、ダメだよ、舐めなきゃ!舐めなきゃ金持ちになんてなれないんだよ!

金持ちは皆舐めてきたんだから、いろんな意味で、おっさんのケツを。

いくらだったら舐めるの?」

「じゃあ・・・500万?」

高っ!そりゃ田島くんはそれでいいかもしんないけどさ

この世は資本主義だからね、田島くんより安い料金でこの仕事を請け負うってヤツがでてきたら

このケツ舐め作業は田島くんは請け負えないわけだよ、わかる?

たとえば前川くんだったら300万でやると言うと思うのね、おっさんのケツくらいペロペロいっちゃいますよー言うて

そうなると、資本主義の理論として田島くんは一円もゲットできないってわけよ

わかる?金持ちになるならこれは最低限わからないといけない理論だよ」

「は、はぁ・・まぁわかりますけど」

「で、だ!さらにここからが重要なんだけど500万はおろか300万もだす、ていうおっさんは

そうそういないと思うのよね、普通に考えてね

いくらケツ舐められるのが好きなおっさんでも、500万とか300万とか

年収じゃん、ていう値段だからね、そりゃねーよ、と。

まぁきみらみたいな年がら年中スノボと合コンのことしか考えてない大学生には

そのへんの感覚はピンとこないかもしれんけどさ

そんな不景気のど真ん中のおっさんと、料金感覚のおかしい大学生とじゃあ

普通は値段の折り合いがつかなくて、この取引は成立しないんだけど

ここに大手資本が参入してくるわけよ。

そして、一分一万円でケツを舐めてもらえますよ、ていうシステムを作るわけ

お客としてはさ、いままで高くてとても手が届かなかったケツ舐めが

普通に10万円くらいで楽しめるようになるわけだからさ

そりゃあ飛びつくよね

で、田島くんたち従業員に対してなんだけど

こんなに価格破壊されたらさ、いままで500万でやってた仕事が台無しじゃねぇか、ってやってられなくなりそうなもんなんだけど

大手資本はここでも資本力を使ってすごいシステムを作ってさ

おっさんが60人いて、皆こっちにケツを向けたままベルトコンベアーにのってやってくるのね

それを田島くんは一人一分ずつ舐めていくわけよ

そしたら一時間で60万、一日八時間働けば480万だよ

田島くんが望んでた500万も一日でだいたい手に入るって寸法よ!

どう?これを一年もやればさ、一生遊んで暮らせるくらいの金が手に入るよ

しかも大手資本の価格破壊によって、それまで個人商店単位でやってたケツ舐め業(500万)とかは

ケツがこなくて、じゃなかった客が来なくてつぶれざるをえないからね。

選ぶ権利がなくなって、結局は大手資本に飲み込まれざるを得ないわけよ

どう?やる?ケツ舐め一年間?」

「いやぁ・・・もう、なんか、最初の二人ぐらいで吐きそうなんですけど」

「いやいや、なれちゃえばどうってことないって、そんなもん

ていうかさ、さっきから普通に500万とか言ってっけど

風俗嬢なんてもっと汚いおっさんと汚いことをして

それでも一日500万ももらってる人なんていないからね、ホント

大学生がさ、チャラチャラ気分で金持ちになりたいとか言ってっけど

世の中っつーのはそんな甘いもんじゃねーんだぞ、コラァ!

ベルトコンベアーに乗せられて回ってくるケツを一年間舐め続けるくらいの覚悟で生きていかんかァアアいっ!!

スノボばっかが人生じゃねーんだぞ、ダボがぁ!!」

「・・・はい、べんきょうになりました

あの・・・お金だけが、人生じゃないと思いました」

theme : 日記
genre : 日記

セックス原理主義とアメリカ

セックス原理主義:この世界には生きるに値するものなどなにもなく

唯一セックスだけが生きることの苦しみ、そして悲しみから救ってくれるかもしれない可能性が

少しはあるものだ、というセックス至上主義のこと



2010年、9月11日

セックス原理主義者たちの無差別エロによって

文明社会はめちゃくちゃにされてしまった

友人の彼女だろうが、結婚していようが、とりあえずやれるならやっとけ!

その結果、たとえ社会的に死ぬことになったとしても、

セックスができさえすればそれでかまわない

そんな彼らの自爆エロにまきこまれて

多くの女性たちが涙を流した


「我々は、決してエロには屈しない!!」

その惨状を見かねた世界の警察アメリカは、エロと徹底的に戦う宣言をだした

限りなき正義とともにエロリストたちが生息していると思われる地域の

男根を次から次へと狩っていった

そのなかにはまったくエロリストたちとは無関係の一般人も多く含まれていたが

アメリカは誤爆もエロリストを倒すためならしかたがない、という姿勢をつらぬき

次から次に男根を狩っていった

「エロリストの多くは一般人に化けて女性を襲っている

もはや、我々の眼に、その男がエロリストなのか、純粋に愛の結果

彼女との夜を迎えようとしているのかを見分けるすべはない。

なので、エロリストとつながりがあると思われる男根はすべて排除するほかないのだ!」


しかし、次第に世界の世論はアメリカから離れて行った

アメリカこそが正しいという価値観、および愛のあるセックスこそが最高のことなのだ、という美談に

疲れ切った先進諸国の男性たちは、エロリストたちの自らの文化を守るためなら

社会的な死もいとわない、という姿勢に共感を覚えた

女性のプログラムにもとずいた、一つの種を永遠に守り続けるという物語こそが正しいという世界において

性の悦びとは遠いものとなってしまった形而上的な、宗教的なセックスを受け入れざるを得なくなり、

不能となって、夜の生活をあきらめた多くの男性にとって

世界の中心で愛を叫び続けていた貿易センタービルが

ハイジャックされた旅客機によって破壊されるさまは

何かを許されたような開放感があった


「文明を知らない野蛮人たちに、私たちは文明を与えてあげようとしているのだ」

そういってコンドームを無理やりかぶせようとするアメリカに

世界はほかの文明への敬意を持たない国だ、という見識しか持たなかった

おおいなる文明をいただき、コンドームをかぶせられた結果

外人さまこそがこの国でもっとも偉い生き物なのだ、という見識を持つようになった多くの日本人は

第二の日本が世界に誕生しようとしていることになんの関心もなく

ニコニコ動画を見ては、キャベツばかりをかじってた


虫も殺せぬ進化をとげた我々の身体を、無差別テロが一瞬でふっとばしていく

女性的な物語がなくては交尾もできぬ進化をとげた我々の隣で

無差別エロが一瞬であの娘をふっとばしていく


社会的な死も、女性の被害者ヅラも、アメリカさまのお言葉もまったく気にせず

セックスだけに集中していく彼らの生きざまを

我々は「野蛮だ」と裁けるのであろうか・・・


theme : 日記
genre : 日記

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。